トップ > CSR・環境活動 > よりよい労働環境を目指して > 社員の声を大切に

社員の声を大切に

社員がウェブサイト等で行う自己申告制度や、人事部インタビューアが全社員と直接、個別の面談を行う社員インタビューなど
会社が社員の声を直接聞き、本人からキャリアプランや志望を聞くとともに、その職場環境を確認し、その問題解決を図ることで、
社員の労働環境をよりよいものにしていく体制を整えています。

自己申告制度

当社には、社員自らがキャリア形成を思い描き、その達成のための自己啓発や異動希望および現在の業務の状況を、毎年1回会社に申告する自己申告制度があります。社員が自己申告した内容について、必要に応じ所属部署や関係部署と協議し、本人の適性や、本人の意思に基づく将来のキャリア形成を考慮した人材配置、配属につながるよう努めています。

また、社員の自己啓発への意欲を喚起し、その声を直接聞くだけではなく、個人が特定されないデータとして組織全体の分析と問題点の抽出を行い、各部門にフィードバックしています。

私たちは、キャリア形成に関する社員の意思・意向を幅広く収集し、人材配置や育成、職場の環境改善などさまざまな施策に反映しています。

社員インタビュー

当社は、働きやすい職場環境の構築を目指し、人事担当者がじっくりと社員一人一人に対して、キャリアプランなどのインタビューを行っています。社員の了解がない限りは原則として秘密保持をし、了解のもと必要に応じ、関係部署との調整を図り、本人が働きやすい職場環境となるよう努めています。

社内の職場環境の確認

同僚や上司との関係が良好であるかなどヒアリングし、ハラスメント問題や人の配置などを含め、事業部、部門の組織サポートを行い社員が安心して業務に専念できる環境を整え、社員の強みが生かされる職場作りを目指しています。

将来のキャリアに関する希望の確認

ライフスタイルの多様化を踏まえ、自身のキャリアに関する希望を確認し、社員のキャリアに関する希望を人事部が共有することで、研修、教育、異動など必要なサポート体制と適材適所を実現できる体制を整え、社員にとって働きがいのある会社となることを目指しています。

個人的な悩み相談

仕事に関することだけではなく、健康状態や健康管理、家庭環境など個人的なこともヒアリングし、その悩みや相談を受け付け、社員の声を総合的に聞く機会にしています。

その他社員の声を聞く制度

その他にも社員の声を聞くためにさまざまな窓口を設けています。

社内にはハラスメントの相談窓口を設置し、全社員を対象として相談を受け付けています。社員のさまざまな悩みや心配事の相談を受け付けるために生活相談室を設置し、産業カウンセラーや心理相談員の資格を持った人事担当者が常に社員の声を聞く体制を整えています。

また、コンプライアンスに反する行為の抑制や未然防止、早期解決のために、社員からの相談・通報を受け付けるヘルプライン(企業倫理ヘルプライン※1窓口)を設けています。企業倫理ヘルプライン窓口では、社員がそれぞれの判断で会社内部の窓口だけでなく、会社外部の弁護士等へ直接、通報を寄せることができます。

これらの相談内容について個人のプライバシーは尊重され、担当者が知り得た情報についての秘密は厳守されます。また、相談者の不利益となる取り扱いは行いません。私たちはさまざまな相談窓口を設け、社員一人一人の声に真摯に耳を傾けることにより、よりよい労働環境の実現を目指しています。

  1. ※1 企業倫理ヘルプライン:会社内での不正行為等の早期発見と是正を図り、コンプライアンス体制強化と社員の労働環境改善のために、会社が設置する相談窓口