トップ > 会社情報 > 企業理念

企業理念

大塚グループの企業理念

“Otsuka-people creating new products for better health worldwide”
(世界の人々の健康に貢献する革新的な製品を創造する)

全世界に180社、約45,000人(2016年12月31日現在)が働く大塚グループは、“Otsuka-people creating new products for better health worldwide ”(世界の人々の健康に貢献する革新的な製品を創造する)という企業理念のもと、日々事業活動を営んでいます。革新的で創造性に富んだ医薬品や機能性飲料・食品など幅広い製品・サービスを通じて、世界の人々のより豊かで健康な暮らしに貢献したいと願っています。

詳細は大塚ホールディングス株式会社の「企業理念」ページへ

大塚グループの企業理念のもと創造された革新的な製品が、人々の生活のさまざまな場面で貢献することを願い、大塚ホールディングス株式会社が作成したイメージ映像です。

当社の経営ビジョン

“The Best Partner in Clinical Nutrition”
(臨床栄養領域における患者さんや医療従事者のベストパートナーを目指す)

大塚グループ発祥の会社である当社は、“The Best Partner in Clinical Nutrition”(臨床栄養領域における患者さんや医療従事者のベストパートナーを目指す)という経営ビジョンのもと、事業活動を行っています。

医療の場になくてはならない輸液製剤の国内シェアの過半数を占める※1、輸液のリーディングカンパニーである当社は、その課せられた責務に鑑み、患者さんや医療従事者を第一に考え、皆さまに安全で安心な製品をお届けする努力を続けていきます。

  1. ※1 Copyright©2016 QuintilesIMS. JPM2016年9月MATをもとに作成 無断転載禁止

社訓(おやじさんの書)

品質は工場の生命にして包装も亦(また)品質なり
買う身になりて造れ売れ

今も「おやじさん」として社員に親しまれている創業者、大塚武三郎(1891-1970)。大塚月峰という雅号を持つ書の大家でもあった武三郎が社訓をしたためた書が、当社にはいくつか残されています。

1946年、注射薬の製造販売を開始するにあたり、武三郎が「製造・運送・販売に従事する人々の必ず実行すべき事柄である」と書に示した「品質は工場の生命にして包装も亦品質なり 買う身になりて造れ売れ」の社訓は、今も当社の正面玄関や各工場に掲示され、「品質第一」の理念は、私たち社員一人一人の胸に深く刻み込まれています。

大塚正士イズム

創業者である父、武三郎が興した町工場の経営を継承した大塚正士(1916-2000)は、現在の大塚グループの基礎を築いた人物です。会社倒産の危機に見舞われた戦後の混乱期から50余年にわたり、会社経営を不屈の闘志で乗り切り、「私の事業歴に後退という記録はない」と豪語する負けず嫌い、そして苦労人であり、生涯を事業に捧げた偉大な経営者でした。「わが製品がより多くの人々により多くの幸せを与えることを目的とする」という正士の経営指針は、現在の大塚グループの企業理念の基となっています。

当社では、正士の回想録「わが実証人生」などに納められたオリジナルの格言や金言、箴言(しんげん)、警句を「大塚正士語録」として構成した書籍「『わが実証人生』に見る大塚正士イズム」を、新入社員に配布しています。「大衆の利益にならない商品は必ず滅びる」「いかに多くの人々に幸せを与えたかで人の値打ちは決まる」「利益とは社会に尽くした者に大衆から頂く勲章である」「人生も経営も正しい判断が全てであり、人は実績の上に立て」「共苦共楽(社長も社員も共に苦しみ、成功して共に楽しもう)」・・・、そして、これらの語録の集大成である座右の銘「人生は希望と辛抱ですよ」。

実際の経験を通じて体得した貴重で説得力のある言葉の数々を知ることにより、社員一人一人が、大先達の生きざまに触れ、大塚の原点を感じ取り、それぞれが学び取ったことを日々の業務の中で「実証」していくことに繋がっています。

コーポレートシンボルのご紹介

コーポレートシンボルは大塚グループの企業理念をシンボリックに表したもので、大塚の「O」をモチーフにしています。

「大きなO」は人々の頭上に広がる青空のイメージです。『開放感』、『自由』、『知性』、『未来』を表す Otsuka BLUE のグラデーションで深みと広がりを持たせています。Otsuka REDの 「小さなO」はその根源となる大塚グループのエネルギーです。

大きさの異なる二つの形がバランスを保ち、ソフトで親しみのある Otsuka の文字との組み合わせで「人間の健康で幸せな空間と、それを支える大塚グループのエネルギッシュな活動」を表現しています。