トップ > 会社情報 > 沿革

沿革

日本の輸液のリーディングカンパニーである当社の歴史は、日本の輸液開発の歴史そのものです。
これからも患者さんと医療従事者の皆さまのベストパートナーとなることを目指し、歩みを進めていきます。

※原則として、現在の製品名で記載しています。※製品写真は、原則として発売当時のものを掲載しています。
※当社の販売品目を掲載しています(大塚グループ他社発売製品含む)。

1921年
大塚武三郎、大塚製薬工業部を創立
局方炭酸マグネシウムの製造を開始
1935年 大塚製薬工業部を大塚製薬工場に社名変更
1936年
局方ブロムカリ(臭化カリウム)の製造を開始(以後、多品目化に踏み切る)
1946年
各種注射液などの医薬品製造を開始
ブドウ糖液、塩化カルシウム注射液、リンゲル液などの製造許可を得る
1947年 大塚正士、大塚武三郎より経営権を継承
1950年
炭酸水素ナトリウム注射液「メイロン静注7%」発売
1951年 日本初のガラスバイアル入り輸液の発売
1952年 抗結核薬「ヒドラジットオーツカ」発売
1953年
大塚グル―プ初のOTC医薬品「オロナイン軟膏」発売
1958年
便秘薬「サラリン錠」発売
1960年 必須アミノ酸注射液「パンアミン」、高張必須アミノ酸注射液「パンアミンS」発売
1963年
総合電解質輸液「KN補液」シリーズを発売
1964年 血流改善・体外循環灌流液「低分子デキストラン糖注」発売
1967年
電解質輸液(乳酸リンゲル液)「ラクテック注」発売
1968年
日本初となるプラスチックボトル入り輸液を製造開始
1969年 大塚製薬工場を法人化し、株式会社大塚製薬工場とする
大塚正士、代表取締役社長に就任
1972年
殺菌効果に優れたクロルヘキシジングルコン酸塩を配合した
皮膚疾患・外傷治療薬「オロナインH軟膏」発売
1974年
日本初のプラスチックアンプル入り注射剤を発売
二糖類・糖質補給剤「マルトス輸液10%」発売