トップ > 採用情報 > 社員インタビュー > 営業職

社員インタビュー

さまざまな医療の場で必要とされる輸液。
大塚製薬工場のMRは、
医療への貢献を実感できる仕事です!

営業本部 徳島営業所
2013年入社

入社の動機

学生時代は医学部保健学科で学び、臨床検査技師の資格を取得しました。その臨床検査技師の実習として病院で学んでいたときに、医療従事者に情報発信を行っている製薬企業のMR(Medical Representatives:医薬情報担当者)という職業に興味を持ちました。さまざまな新しい情報をMRが医療従事者に提供することで、陰ながら医療に貢献しているということを知り、私もその一員となって活躍していきたいと思うようになりました。また、輸液は医療用医薬品の中でも多くの診療科で使用されるため、多職種の医療従事者や医療チームと関わることができます。その活動の幅広さに魅力を感じるとともに、輸液のリーディングカンパニーである大塚製薬工場ならではの細やかな医療貢献ができるのではないかと考え、入社を決意しました。

仕事の内容とその魅力

MRとして医療機関を訪問し、医師、薬剤師、看護師、栄養士などの医療従事者へ製品情報の提供、収集、伝達を行っています。医師と1対1で面談することもあれば、多職種を対象に勉強会を実施することもあります。製品情報だけでなく栄養や衛生管理など、必要とされる情報を提供することによって、患者さんや医療従事者の皆さまに貢献できることが魅力です。また、医薬品や医療機器を医療機関へ提供する医系代理店への情報提供も大切な仕事です。

私たちが取り扱う輸液や経腸栄養剤は、病院の多くの診療科はもちろん、介護老人保健施設や特別養護老人ホームなどの施設でも使用されています。また、輸液は、特定の疾患に関わらず、医療のさまざまな場面で活用される、生命維持のための基礎的かつ重要な薬剤であり、医療にとって必要不可欠な存在です。そのような医薬品の情報提供に携われることにやりがいを感じ、情熱を持って日々活動を行っています。

職場の雰囲気

大塚製薬工場に入社し、職場の環境に恵まれていることを強く感じています。入社間もないころは、先輩に1対1で指導してもらえる「アドバイザー・アドバイジー制度」があり、仕事に関することだけではなく個人的なことまで、何でも相談しやすく大変心強かったです。また、MR認定試験への会社のサポートも充実しており、同期入社の合格率は100%でした。

現在、私が活動している営業所には5人のMRと、それを統括するリーダーがおり、お互いに声を掛け合い、コミュニケーションを取りやすい雰囲気が職場全体にあります。医療機関へ上司と一緒に訪問し、医師へ情報提供を行うときなど、医療制度など医療に関する幅広い知識を持った上司にいつも支えてもらっています。忙しい医療従事者に対して、求められている情報提供を的確に行うために、その経験に基づくコミュニケーションの取り方など、上司や先輩から学ぶことが多くあります。

将来のキャリアビジョン

まず、大塚製薬工場のMRとして、情報提供の質や対応の迅速さ、的確さを高めていきたいです。入社してから現在まで愛媛県今治市を担当していますが、担当地域の医療機関からいただく質問や意見の一つ一つに真摯に対応することが、医療への貢献につながり、また自身の成長にもつながると考えています。

当社には、社内ウェブサイトのブログを使用し、MRがそれぞれの活動についての相談や、事例の紹介など、今後の活動に生かせる情報を共有する仕組みがあります。自分の仕事の質を高めるとともに、そのような場で積極的に情報共有を行い、他のMRの活動に影響を与えるような存在になるとともに、医療の場で必要とされるMRになりたいと考えています。そして、私のこうした活動が、より多くの患者さんや医療従事者への貢献につながるように、これからも頑張っていきたいと考えています。

ある日のスケジュール

a.m.
8:00家を出て、車で代理店に向かう
9:00〜9:30代理店訪問
代理店のミーティングに参加、医薬品の情報提供と、医療機関の情報収集を行う
9:30〜10:30代理店近くのカフェでメールチェック
11:00〜14:00上司と医療機関訪問
医師と面談、新製品の情報提供を行う
p.m.
14:00〜15:00名物の焼き豚卵飯で遅めの昼食
15:00〜16:30医療機関訪問
薬剤部からの問い合わせ対応、要望資料(文献)の提供など
17:00〜18:00NST勉強会の実施
医師や薬剤師などからなるNST(栄養サポートチーム)を対象とした勉強会
18:30〜帰社後、退社
友人と食事に行く

仕事以外の時間は

業務を通じて知り合った他社のMRと参加したリレーマラソンをきっかけに、最近、ジョギングを始めました。愛媛県は自然豊かで風光明媚なところで、路面電車が走るノスタルジックな街並みの中、まわりを楽しみながらゆったりとジョギングを楽しんでいます。もともとインドア派だったのですが、周りにはスキーやゴルフなど活動的に楽しむ方々が多く、私もお声掛けいただき、自分だけではやらないようなことをいろいろ経験する楽しい毎日を送っています。

また土日だけではなく、会社の計画有給休暇制度を利用して長い旅行に出かけ、スキューバダイビングなど非日常の体験を楽しんで、リフレッシュしています。

学生の皆さんに一言

私は当初、MRだけに職種を絞って就職活動したわけではなかったのですが、さまざまな企業を訪問するうちに、大塚製薬工場に感じた人の温かさ、また医療の多種多様な場面で使用される輸液という製品を通じ多くの患者さんに貢献できるという点に魅力を感じました。入社してみて、私が感じたことは真実だったと思っています。

医療従事者に対し情報提供活動を行うためには、製品情報だけではなく医療環境の変化に対応し、常に学習することが必要と思っています。これからも向上心を持ち続け、医療への貢献を目指して活動していきたいと思います。「医療に貢献したい」「人の役に立ちたい」という気持ちを持っている方は一緒に頑張りましょう。