トップ > 患者さん・一般の皆さま > 輸液と栄養 > 中心静脈栄養(TPN)

中心静脈栄養(TPN)

(監修) 久留米大学医学部医療安全管理部教授 田中芳明先生

中心静脈栄養の選択基準

静脈栄養には、腕などの末梢(まっしょう)静脈から投与する「末梢静脈栄養(PPN)」と、心臓に近い太い血管である中心静脈から投与する「中心静脈栄養(TPN)」があります。食事ができない期間が1週間~10日までの場合はPPNが行われ、それ以上の長期間にわたると予想される場合はTPNが選択されます。

中心静脈栄養 TPN(Total Parenteral Nutritionトータル パレンテラル ニュートリション
末梢静脈栄養 PPN(Peripheral Parenteral Nutritionペリフェラル パレンテラル ニュートリション
  • 末梢静脈栄養(PPN)食べられない期間が1週間~10日まで。中心静脈栄養(TPN)食べられない期間が1週間以上
  • 高カロリー輸液は、IVH(Intravenous Hyperalimentationイントラヴィーナス ハイパーアリメンテーション)などとも呼ばれますが、hyperalimentationは「多量の栄養を与える」という意味から、現在はIVHよりもTPNの方が適切であるという意見が多く、国際的にもTPNを用いる方向になっています。

中心静脈栄養とは

TPNは高カロリー輸液とも呼ばれ、高濃度の栄養輸液を中心静脈から投与することで、エネルギーをはじめ、からだに必要な栄養素を補給することができます。栄養状態の悪い患者さんや、長期間(1週間以上)経口摂取ができない患者さんに用いられます。通常は、糖質、アミノ酸、脂質、電解質(Na, K, Cl, Mg, Ca, P)、微量元素およびビタミンの1日必要量を中心静脈から24時間かけて投与します。

中心静脈カテーテルの留置

投与ルートとなるカテーテルは、一般的に鎖骨下静脈から挿入し、先端部を上大静脈(中心静脈)に留置します。上大静脈は心臓に近い太い血管で、血液量が多くて血流も速いため、糖濃度の高い輸液も投与できます。鎖骨下静脈は血管が比較的太く、カテーテルの血管内走行距離も短いので、血栓の形成が少なくなります。

鎖骨下静脈上大静脈(中心静脈)とカテーテル適正位置の図

中心静脈栄養の管理例

TPNは、急に投与を開始したり、急にやめたりしてはいけません。通常は慣らし期間(導入期)が必要で、血糖値などをみながら2~3日かけて徐々に投与量を上げていきます。まず糖濃度の低い開始液(高カロリー輸液1号液)から始め、その後維持液(高カロリー輸液2号液)を用いて1日必要量を投与します。

離脱期も同様に、投与量を徐々に落としていきます。急にTPNを中止すると、糖質の補給がなくなり、低血糖を起こすことがあります。TPN離脱後は、末梢静脈栄養や経腸栄養を併用しながら、経口栄養へと移行していきます。

導入期・維持期・離脱期における中心静脈栄養の管理例についての表

在宅中心静脈栄養(HPN)

在宅中心静脈栄養は、HPN(Home Parenteral Nutrition)と呼ばれ、患者さんの家庭での治療や社会復帰を可能にする栄養療法です。入院して病気の治療を行う必要がなく、状態が安定している患者さんや、通院が困難で在宅での栄養療法が必要になった患者さんに施行します。

中心静脈栄養(TPN)のQ&A

上大静脈(中心静脈)内に投与するのはなぜでしょうか。
高カロリー輸液は、末梢から投与する輸液に比べ3~6倍も高濃度であるため、末梢静脈から投与すると血管痛や静脈炎を起こし、やがて血管が閉塞します。心臓に近い上大静脈は太くて血流が多く、高濃度の高カロリー輸液を投与しても瞬時に多量の血液で薄められ、血管や血球に対する影響が少なくなります。
24時間かけて投与するのはなぜでしょうか。
TPNは1日に必要な栄養素を投与するため、糖濃度の高い液となります。高濃度の糖液を急速に投与すると、高血糖になる恐れがあります。投与した栄養素が十分代謝されるように、通常24時間かけて一定の速度で投与します。