トップ > CSR・環境活動 > 地球環境の保全のために > 環境方針

環境方針

環境理念

環境保全は全員参加の経営活動

大塚製薬工場は、人々の健康(体内環境)と地球環境(体外環境)の保全を目指した環境活動を
全社的に推進し、持続可能な循環型社会の実現と自然と融和した社会の創造に貢献します。

重点テーマと活動指針

  1. 気候変動徹底した省エネ対策の推進と再生可能エネルギーの活用によりCO₂排出量削減を目指します
  2. 資源共生資源利用効率の改善、廃棄物のゼロエミッションを通じて資源の効率的な利用を目指します
  3. 水資源地域の水資源の課題を把握し、保全に継続的に取り組むことで、持続的な水利用を目指します
  4. 環境コンプライアンス化学物質の適正管理をはじめ、環境コンプライアンス体制を継続的に改善し、リスクを低減します

2023年までの目標

重点テーマ 2023年までの目標
気候変動 CO2排出量を13%削減(2017年比)
資源共生 単純焼却・最終処分量を23%削減(2019年比)
プラスチック資源利用効率(廃プラスチック量/プラスチック購入量)の向上
水資源 水利用効率(水使用量/売上高)を6%改善(2017年比)
環境コンプライアンス 化学物質適正管理の継続
環境マネジメント体制の強化