トップ > 採用情報 > 社員インタビュー > スタッフ職

社員インタビュー

日本の輸液の過半数のシェアを占める
当社で、実際に輸液製造に携わることで
医療への貢献を実感します。

鳴門工場 NOP課
2007年入社

入社の動機

徳島県で生まれ育った私は、徳島県が発祥の会社である大塚グループの製品やTVCMに、幼いころから接していました。また、学生時代は陸上競技部に所属し、短距離の選手として県内外の大会に出場する中で、CSR活動として陸上競技部を持ち、主要大会に有力選手を輩出している大塚製薬工場に親しみを感じていました。
そして、就職活動のなかで、大塚製薬工場が患者さんや医療従事者を第一に考え、医薬品の製造販売に取り組む製薬企業であることを知り、私もそのような会社で医薬品の生産に携わり、医療の一端を担いたいと、熱い思いを持って入社しました。

仕事の内容とその魅力

私の所属する課は輸液を製造しており、生産現場の事務全般と昼夜問わず生産ラインに入っている社員のサポートをすることが私の仕事です。ビジネスアプリケーション(SAP)を使って生産予定や製造に関わるデータの入力や、生産ラインで働く社員の労務管理、備品の管理等を行っています。仕事を進める上で“ありがとう”と感謝されることが多く、とてもうれしいですし、それが原動力となり、やりがいを感じます。

見学案内も担当していますが、さまざまな企業の方や学生さんたちに、私たちが製造している輸液や、その生産ラインを間近に見ていただき、広く発信できることに魅力を感じています。自分自身の勉強にもなりますし、あらためてここで製造している製品の素晴らしさに気付くことができます。

最近、当社の製造部門で必要とされている機械保全1級の資格を取得しました。業務に関する資格取得のサポートも充実しており、常に自分を高めていける体制の整った職場だと考えています。

職場の雰囲気

10~60代までと幅広い年代が存在し個性豊かな社員がそろう職場ですが、一人一人がとても優しく、相手を配慮して、互いに助け合うことができる、思いやりにあふれた職場です。二つの工場の事務を掛け持ちし忙しくしていたときも、「早く帰りなさいね」とか「ちょっと休憩したら」「甘いものでも食べる?」など優しく声をかけてくれる人ばかりでした。信頼できる上司や同僚に囲まれて毎日楽しく仕事をしています。

会社には、阿波踊りや清掃活動などのCSR活動をはじめ、陸上競技部の応援団や個人サークルで行うバドミントンなどのスポーツ大会、部単位のボウリング大会やお花見など、楽しい行事がたくさんあり、他部署の方との交流のきっかけにもなります。

将来のキャリアビジョン

入社以来この業務に携わっており、自分自身もそろそろ次のステップに向けて取り組んでいきたいと考えています。また、そうした自分の思いを上司も理解してくれ、生産現場の中核的な業務を任せられる人材に育てようと考えてくれています。その期待に応えられるよう、GMP※1など生産に関する法規制などを積極的に学び、さまざまな仕事にチャレンジしたいと考えています。最初は苦戦するかもしれません。しかし、持ち前の向上心を生かして、やりがいを見出し前向きに頑張っていきたいです。そして、患者さんや医療従事者のベストパートナーを目指す当社、またその製品を支える一人になりたいと考えています。

現在、各部門から選ばれた7人からなる会社のダイバーシティ推進プロジェクトチームの一員として、より働きやすい職場形成を目指して、定期的に意見交換をし、ワーク・ライフ・バランスの勉強会開催の企画など、さまざまな活動を行っています。この場で学んだことを生かし、自分が管理職の立場になったときに、適切にマネジメントができるような人材になりたいと思っています。

  1. ※1 GMP:Good Manufacturing Practice(適正製造規範)。製造所における製造管理、品質管理の基準。

ある日のスケジュール

a.m.
7:00家を出て車で通勤
(渋滞が苦手なので早め)
7:30出社
7:50〜8:00朝礼
課長より生産状況の連絡、情報共有
8:00〜10:30労務管理書類等作成
生産部員のサポート、資料作成を行う
11:00〜12:00生産部員が着用する無塵服の管理や他部門への訪問、情報伝達など
p.m.
12:00〜13:00社員食堂で上司と食事
休憩室でTVを見たり、談笑してくつろぐ
13:00〜14:30薬学部の学生に対し見学案内
製造ラインや製品に関する説明を行う
14:30〜15:30関連部署への書類確認と集配
15:30〜16:00製造指図書を確認し、日付や製造番号の確認や、原材料包材の数量チェックを行う
16:00〜17:00職場の改善提案をするための申請書作成を行う(改善提案活動)
17:00退社、ゴルフ練習場に向かう

仕事以外の時間は

私は旅行が大好きで、姉や大親友の住む東京には2カ月に一度は行きますし、連休を利用して海外にもだいたい年に1回ぐらいのペースで行っています。買い物や観光、おいしいものを食べることなど、職場を離れ気分転換し、楽しくリラックスできる時間を過ごしています。旅行の計画を立てるのもとても楽しく、自分なりにこだわった緻密でハードなプランを立ててしまうので、旅行先でへとへとになることもしばしばです。

学生時代は陸上競技に取り組むなど、運動は前から好きでしたが、ある日ふと思い立ち、ゴルフを始めました。会社の同期と行ったり、一人でレッスンを受けたり、技術上達に向けて頑張っています。近いうちにコースデビューしたいです。

学生の皆さんに一言

さまざまな医療の場で使用される輸液という医薬品を製造する仕事は、医療への貢献を強く感じることのできるとてもやりがいのある仕事です。入社前は製薬企業ということで自分に何ができるのか不安な面もありましたが、「自分もこの会社の一員として、何か人々への貢献となることがしたい」と考え、入社を決意しました。実際には、上司や同僚などさまざまな人が常にサポートしてくれる温かい職場環境であり、大塚製薬工場に入社するという選択がとてもよかったと感じています。