トップ > CSR・環境活動 > 地球環境の保全のために > 各拠点の取り組み

各拠点の取り組み

鳴門サイト(本社、研究所、鳴門工場)

大塚グループの発祥の地であり、当社の本社がある鳴門サイトは、輸液のリーディングカンパニーの本拠地としての役割を担っています。渦潮で名高い鳴門海峡にほど近く、観光資源にも恵まれた自然豊かな地です。

手前緑色の建物群が当社

ISO14001認証取得(2003年5月)

所在地
徳島県鳴門市撫養町立岩字芥原115
操業
1921年
敷地面積
101,095㎥
主な製造品目
注入針付キット製剤、プラスチック
ボトル製剤、OTC医薬品他

主な取り組み

鳴門工場は、2007年10月に当社のゼロエミッション基準(リサイクル率99%以上)を達成し、現在も継続中です。こうした当社の取り組みが評価され、徳島県より、廃棄物等の発生抑制、循環資源の再使用・再生利用の3R※1の推進に積極的に取り組み著しい成果を上げている事業所として、「徳島県認定3Rモデル事業所」の認定を受けました。

2014年に排水処理設備を更新した鳴門工場では、処理能力が向上したことで負荷変動にも強い安定した運転が可能となりました。また、さらなる環境リスクの低減を目指して、排水処理施設から出た処理水を水質計でモニタリングし、仮に水質が悪化した場合は自動的に再度、処理工程に戻す仕組みを取り入れました。工場外に排水する前にダブルチェックを行い、基準値を超えた排水はしないシステムになっています。

定期的に近隣の「鳴門・大塚スポーツパーク」や周辺道路の清掃活動を行っています。とくしま環境県民会議が主催する第17回「ごみゼロの日」キャンペーンへ参加する形で実施した2017年6月16日の清掃活動では、早朝7時より全部署から163人が参加し、約300kgのごみを収集しました。また、観光客も訪れる千鳥ヶ浜海岸においても、定期的に清掃活動に参加しています。これからも地元鳴門のために、当社ができることを考え実践していきます。

その他、徳島協働の森づくり事業や環境教育支援、ノーカーデーの実施など、地域に密着した事業所として積極的に地域貢献活動にも取り組んでいます。

  1. ※1 3R:廃棄物等の発生抑制(Reduce)、再使用(Reuse)、再生利用(Recycle)の3つの取り組み。

徳島県認定3Rモデル事業所認定式と認定書

「ごみゼロの日」キャンペーンでの清掃活動

2016年度
INPUT 電力使用量 34,346千kWh
燃料(原油換算)使用量 3,454kl
水使用量 2,509千㎥
OUTPUT CO2排出量 32,590t
水排出量 1,994千㎥
廃棄物 総排出量 1,164t
再資源化量
+有価物量
1,164t
最終処分量 0.02t
  リサイクル率 99.99%

松茂サイト(松茂工場)

はるか紀州や淡路島を望む紀伊水道沿岸の工業団地内にあり、徳島空港に隣接し県外からのアクセスもよい松茂工場は、ソフトバッグ輸液の主力工場です。

松茂工場

ISO14001認証取得(2003年8月)

所在地
徳島県板野郡松茂町豊久字豊久開拓139-1
操業
1990年
敷地面積
165,611㎥
主な製造品目
シングルバッグ製剤、ダブルバッグ製剤、プラスチックアンプル製剤、抗生物質キット製剤他

主な取り組み

松茂工場は、2008年11月に当社のゼロエミッション基準(リサイクル率99%以上)を達成し、現在も継続中です。こうした取り組みが評価され、徳島県より、廃棄物等の発生抑制、循環資源の再使用・再生利用の3Rの推進に積極的に取り組み著しい成果を上げている事業所として、「徳島県認定3Rモデル事業所」の認定を受けました。

温暖化防止対策として2010年8月にコージェネレーション※5システムを導入し、前年度との比較で、約8,000tのCO2削減を達成しています。今後とも、全従業員が一丸となって環境保全活動に取り組み、継続的な改善を図っていきます。

地域社会との環境コミュニケーションを図る目的で、工場見学の受け入れや、松茂工業団地が主催する「海をきれいにする運動」などの環境美化活動にも積極的に参加しています。

  1. ※5 コージェネレーション:熱電併給(Cogeneration)。天然ガス、石油、LPガス等を燃料として、エンジン、タービン、燃料電池等の方式により発電し、その際に生じる廃熱も同時に回収するシステム。

徳島県認定3Rモデル 事業所認定証

コージェネレーションシステムによるガスタービン

海をきれいにする運動

2016年度
INPUT 電力使用量 24,787千kWh
燃料(原油換算)使用量 9,162kl
水使用量 617千㎥
OUTPUT CO2排出量 34,374t
水排出量 567千㎥
廃棄物 総排出量 2,324t
再資源化量
+有価物量
2,319t
最終処分量 0.70t
  リサイクル率 99.97%

釧路サイト(釧路工場)

タンチョウ(丹頂鶴)で有名な釧路湿原国立公園に近く、水質の良い広大な土地を生かした釧路工場は、当社の北の拠点として、各種輸液製品の製造を行っています。

釧路工場

ISO14001認証取得(2002年9月)

所在地
北海道釧路市音別町朝日1丁目13
操業
1976年
敷地面積
194,889㎥
主な製造品目
シングルバッグ製剤、ダブルバッグ製剤、クワッドバッグ製剤、プラスチックアンプル製剤

主な取り組み

2009年12月に、当社のゼロエミッション基準(リサイクル率99%以上)を達成し、現在も継続中です。このような取り組みが評価され、2010年6月、北海道で、環境に配慮した取り組みを継続して実施している事業所を対象とした、「北海道グリーン・ビズ認定制度」による「優良な取組」部門の登録を受けました。また、2011年11月には、北海道で、廃棄物の発生・排出抑制について、特に優秀な取り組みを行っている事業所として、平成23年度北海道ゼロ・エミ優秀賞を受賞しました。

2013年12月には、ボイラーの燃料転換(重油から天然ガスへの転換)を実施し、CO2排出量の削減(5,800トン)および大気汚染物質NOx※2 、Sox※3の排出を大幅に削減しました。

津波災害を想定した避難ルートの確認も兼ねて、工場敷地周辺の清掃活動を定期的に実施しています。2016年10月8日には、社員41人が参加し、9.8kgのごみを回収しました。避難経路や避難場所、移動時間の確認と、敷地周辺のごみ拾いを行うことにより、社員の防災意識のみならず環境美化意識を向上させる地域貢献活動となっています。

  1. ※2 NOx:窒素酸化物。窒素と酸素の化合物の総称。燃焼によって発生し、工場や自動車などが主な発生源。
  2. ※3 SOx:硫黄酸化物。硫黄と酸素の化合物の総称。大気汚染物質の一つで、酸性雨の原因物質。
  3. ※4 LNG:液化天然ガス(Liquefied Natural Gas) メタンを主成分とした天然ガスを冷却し液化した無色透明の液体。

北海道ゼロ・エミ優秀賞賞状

釧路工場のLNG※4タンク

工場周辺の清掃活動

2016年度
INPUT 電力使用量 18,095千kWh
燃料(原油換算)使用量 4,304kl
水使用量 1,175千㎥
OUTPUT CO2排出量 20,330t
水排出量 1,140千㎥
廃棄物 総排出量 1,245t
再資源化量
+有価物量
1,244t
最終処分量 1.24t
  リサイクル率 99.91%

富山サイト(富山工場)

富山工場は、北は富山湾、南東には立山連峰と、自然が豊かな環境にあります。日本で唯一の静注用脂肪乳剤を製造している工場です。

富山工場

ISO14001認証取得(1999年4月)

所在地
富山県射水市有磯2丁目27-1
操業
2001年
敷地面積
75,300㎥
主な製造品目
シングルバッグ製剤、ダブルバッグ製剤、クワッドバッグ製剤

主な取り組み

2015 年11 月にボイラーの燃料転換(重油から都市ガス)を行い、CO2 排出量を約 13%(1500t-CO2/ 年)削減しました。また、2017年4月からは当社として初めて、空調用冷水設備の動力源を電気から都市ガスへ変換することで、夏場のピーク電力低減とさらなるCO2 排出量削減を見込んでいます。

2009年3月、ゼロエミッション社内基準(リサイクル率99%以上)を達成し、現在も継続中です。こうした取り組みが評価され、廃棄物の発生抑制や再利用など、環境に配慮した事業活動に積極的に取り組んでいる事業所として、富山県より2009年に「富山県エコ事業所」の認定を受け、現在まで更新しています。

定期的に地域自治体が企画する海岸清掃ボランティアに参加しています。2016年7月2日には、富山工場から従業員と家族70人が参加して、ごみの収集に汗を流しました。これからも地域への貢献を目指し、環境美化活動などを積極的に行ってまいります。

新ボイラーの火入れ式

富山県認定 エコ事業所
2016年度
INPUT 電力使用量 10,920千kWh
燃料(原油換算)使用量 1,992kl
水使用量 325千㎥
OUTPUT CO2排出量 10,566t
水排出量 168千㎥
廃棄物 総排出量 1,038t
再資源化量
+有価物量
1,038t
最終処分量 0.08t
  リサイクル率 99.99%

海岸清掃ボランティア活動

オフィス・営業サイト(東京事務所、営業17支店、駐在所・出張所、福利厚生施設等)

上記4サイト以外の国内事業所をまとめ、オフィス・営業サイトとしています。当社の営業本部やOS-1事業部がある東京事務所や、全国17カ所の支店および駐在所・出張所、保養所などの福利厚生施設を含みます。

東京事務所が入る大塚製薬東京本社ビル

主な取り組み

オフィス・営業サイトでも、環境保全の取り組みとして、照明のLED化、空調機器の更新など設備等の省エネ化を推進しています。

営業車等のリース車は、燃費効率の良いハイブリッド車への転換を積極的に図っています。

東京事務所では、「電力の見える化システム」を導入し、それぞれのフロアでの電力使用量をモニターしています。このシステムを活用することで、効率的で無理のない節電活動を実践しています。

大阪支店 関西エコオフィス宣言 登録証

鳴門工場、松茂工場に続き、京都支店、大阪支店、神戸支店、徳島支店は、関西広域連合※6が全国に先駆け地域全体が一致協力して地球温暖化対策に取り組むことを目指し推進している「関西エコオフィス活動」に賛同し、2012年3月に「関西エコオフィス宣言」の登録をしました。

今後ともハード、ソフトの両面から環境活動に取り組んでいきます。

  1. ※6 関西広域連合:「関西から新時代をつくる」ことを目指し、2府6県(三重、滋賀、京都、大阪、兵庫、和歌山、鳥取、徳島)からなり、関西の広域行政を担う広域連合。
2016年度
INPUT 電力使用量 1,794千kWh
燃料(原油換算)使用量 76kl
OUTPUT CO2排出量 1,253t
廃棄物 総排出量 233t
再資源化量
+有価物量
233t
最終処分量 0.20t
  リサイクル率 99.99%